Biz library

3年目で年商数十億!海外で見つけた生活消費財ブランドを国内で販売するスモビジ

※サブスク入会前の有料記事は別途ご購入いただく必要がありますのでご注意ください。

『突撃!隣のスモビジマン』とは?


Biz library編集部による連載記事『突撃!隣のスモビジマン』。

普段スポットライトを浴びることが少なく、自ら語ることもしないスモールビジネスオーナーたち。

しかし、珠玉のビジネススキルを有し数々の困難を乗り越えてきた彼らの頭の中は、ビジネスアイデアの宝庫。

本連載では『スモールビジネスの教科書』著者である武田所長がスモビジマンにインタビュー。

自らが営む事業について、ノウハウ、売上、参入のアドバイスなどを余すところなく語っていただきます。

さらにそこで得られたエッセンスを武田所長が解説し、より実践的な学びを実現します。

先人からリアルなスモールビジネスの手法を学びなさい!

学んで実践しなさい!

➜『突撃!隣のスモビジマン』記事一覧はこちらから

-----------------------------------------------------------
今回のスモビジマン:年商数十億円。海外消費財ブランドの販売代理事業を営むスモビジマン
 
『突撃!隣のスモビジマン』第5回目は、海外消費財ブランドの販売代理事業を成功させたスモビジマンです。
 
消費財は大手企業はもちろん、ここ数年は国内でもD2Cブランドが数え切れないほど立ち上がっており、競争の激しい市場といえます。

もともとブランドを立ち上げたいという夢を持っていたスモビジオーナーが、なぜ自社ブランドではなく海外ブランドの販売代理店というビジネスモデルを選択したのか。

数百億円しかない市場で、どうやって後発で数十億円の売上を作り、売却を成功させたのか。

自身の学生時代の起業経験や、売却を見据えた拡大戦略、販売代理業に参入したい方へのアドバイスなどを語っていただきました。

------------------------------------------------------------

コンテンツ内容

・スモビジとの出会いは学生時代
・日本の〇〇〇が海外で10倍の価格で売れた
・販売代理業への参入
・消費財は新しい〇〇が売れやすい!
・海外へはAmazon経由、日本国内は〇〇〇経由
・販売代理業での契約の注意点
・主戦場はオンライン?オフライン?
・EBITDA50倍でも売却できる理由
・売却したいなら〇〇〇〇〇に目を向けすぎるな

------------------------------------------------------------

こんな人におすすめ

・物販に興味がある人
・販売代理店業に興味がある人
・売却を見据えて起業したい人

------------------------------------------------------------

武田:まずスモビジマンとしての経歴をお伺いします。

ここから先は有料部分です

この続き: 約 11505 文字 記事を購入する サブスク会員になる

おすすめ記事

稼働週1~2時間、最高月商300万円。おしゃれランジェリーをインスタで販売するスモビジマン

Biz library編集部
¥1,480 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2023.3.9

データ解析の会社に転職して1年で身につけたスキルで月収25万円の副業を得るまで

北爪聖也
¥500 2022.7.11

ブランドを立ち上げ事業売却!海外アパレルのクラファン販売、調理器具D2CなどECビジネスに長けたスモビジマン

Biz library編集部
¥1,480 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2023.3.9

【お悩み相談】新しい事業に挑戦したいけど受託事業はやめられない。どうリソースを配分すべき?【前編】

Biz library編集部
¥980 # スモビジお悩み相談室 # Bizlibraryオリジナル記事 2023.11.9