Biz library

【年商1億超】 輸入業は僻地に行ったもん勝ち。転売ビジネスから海外ブランド代理店、ショップ開業までの軌跡

月額3,980円で毎月4本以上の記事が読める、お得なサブスク会員の詳細はこちらをご覧ください。
※こちらは2024年2月の記事です。サブスク入会前に配信された記事は別途ご購入いただく必要がありますのでご注意ください。
ーーーーーーーーーーーーーー

今回のスモビジマン:転売ビジネスから海外ブランド代理店、アパレルレンタルショップと複数の輸入業を成功させたスモビジマン
 
『突撃!隣のスモビジマン』第20回は、海外ブランドを仕入れて日本で販売する輸入業を年商1.6億円まで成長させたビジネスマン。
転売から始まったスモビジが、常に他人が辿り着けないような仕入先を開拓し続けたことで、未経験から1年目で年商1.6億円に。
 
その後、輸入業の経験を活かし海外ハイブランドを扱うレンタルショップを立ち上げ、またしても2年目で年商1億円規模まで成長させました。
 
英語スキルを持っている人は多いですが、それを活かしてスモビジで成功している人はそう多くはありません。

成功できた理由は、大事なところで大胆な投資の意思決定ができる“決断力”と、悔しさを原動力にする“怨念力”にありました。
 
「安く買って高く売る」という商売の基本を愚直に追求し、足腰を使って事業を成長させてきた女性スモビジオーナーの軌跡に迫ります。
 
スモールビジネスは事例のインプットが9割。転売成功事例として必ず頭の片隅に入れておきなさい!
 
------------------------------------------------------------
 
コンテンツ内容
 
・気軽な気持ちで始めた転売ビジネス
・NY本店限定ブランドバックがバカ売れ
・転売から脱却したい。自分だけの仕入れ先を開拓
・アパレルレンタルショップ開業のきっかけ
・購入価格よりレンタル価格の方が高いビジネス構造
・売上、利益、初期投資
・赤字続きの立ち上げ期
・大きな方向転換で一気に拡大
・仕入れは僻地に行ったもん勝ち
・ブランドとの交渉のポイント
・他人ができないタイミングで投資する
・広告費ゼロで予約の取れない人気店へ
・ 原動力は大企業に馬鹿にされた怨念
・ 海外ブランドの総代理店事業のやりがい

------------------------------------------------------------
 
こんな人におすすめ
 
・全く知らない業界のスモビジストーリーを読みたい人
・輸入ビジネスに興味関心がある人
・複数の事業立ち上げを経験するスモビジマンの考え方を知りたい人
 
------------------------------------------------------------


気軽な気持ちで始めた転売ビジネス

 
武田:本日はどうぞよろしくお願いいたします。起業までの経緯を教えてください。
 

ここから先は有料部分です

この続き: 約 20774 文字 記事を購入する サブスク会員になる

おすすめ記事

【FC事業】これまでにないFCモデルで加盟店を拡大!ゴーストレストランFC事業

Biz library編集部
¥1,480 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2023.3.9

サラリーマン歴20年からの独立。副業から始め、民泊・レンスペを夫婦で10か所運用するスモビジマン

Biz library編集部
¥1,980 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2024.3.13

【イベントレポート】第一回スモビジサミット振り返りと今後の活動について

Biz library編集部
¥99,999 # Bizlibraryオリジナル記事 # イベント告知 # 会員限定 2024.2.6

公務員からの独立。官公庁案件特化の営業代行・二次請けコンサルビジネス~あなたの知らない官公庁案件の世界~

Biz library編集部
¥1,980 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2024.3.1