Biz library

超絶レッドオーシャン「音楽活動」で生計を立てるための全知識

歌を歌う。楽器を演奏する、曲を作る。
音楽活動を趣味にしている方は少なくありませんが、それで生計を立てている方は多くありません。

この記事は、あなたが最速で音楽活動によって生計を立てられるようにするためのものです。

私は22歳頃からプロのドラマーとして活動してきました。
29歳の時に起業し、今は運営するWebサービスを通じて2万組以上のアーティストの音楽活動を支援しています。

ビジネスマンとして音楽業界に関わるようになり、純粋なミュージシャン時代には分からなかったことがだいぶ分かってきたので、その知識をこの記事に集約します。

この記事は途中から有料となっております。
いただくお金以上の価値を必ずお届けするという前提で、全力で書きました。

全部で約28,000字あります。

なので、もし「これは僕 / 私が読むべき記事っぽいな…」と感じたら、どうぞご安心してお求めください。


●この記事を読むべき方 / そうでない方

想定する読者について。

前提として前述の通り「音楽活動で生計立てられたらいいな」と考えている方を対象とした記事となります。

そして、当然ですが音楽活動で余裕で生計が立っており、特に収入に不安がないという方には必要ないかと思われます。

あと、あなたが24歳以下である場合は、自力で生計を立てるということを考えるよりもまずは、業界に自分をアピールすることを優先して動きましょう。
大手の音楽事務所やメジャー系レコード会社は、若い才能を特に探しています。

若さという要素は一度失うと元に戻せないので、24歳以下のあなたは業界人にアピールを頑張ってください。

そして25歳以上のあなた。

あなたが絶対に事務所やレーベルに拾ってもらえない、ということでは全くありません。
しかし10代〜20歳前後のアーティストに比べると大きく不利になってきていることは否めません。

そこでこの記事では、そんなあなたが、より早く、より確実に音楽で生計を立てて、安定した豊かな音楽生活を確保できるようにするための知識を記します。

基本的には有名になるよりも生計を立てられるようにするほうが簡単ですが、当然の前提としてあなたの音楽のクオリティーがダメすぎる場合はさすがにどうしようもありません。そこは前提としてがんばってください(音楽自体のクオリティアップについてはこのノートでは語りません)。

なので「音楽的クオリティに全く自信がない」という方も、この先を読むにはまだ早いかと思われます。
この先は「あなたの音楽はある程度イケている」という前提で書きます。

つまりまとめると、

・25歳以上
・音楽活動で生計が立っていない or 安定していない
・音楽的クオリティにはある程度自信がある

この3点を満たす方に読んでいただきたい記事となっております。

では本題へ参りましょう。


●生計を立てるための基本思考

シンプルに言うと、

ここから先は有料部分です

この続き: 約 26428 文字 記事を購入する

おすすめ記事

【メディア事業】複数メディア運用で月商1,500万。徹底した検証とKPI設定の重要性を知るスモビジマン

Biz library編集部
¥2,480 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2023.10.13

【会員限定】武田のスモビジ奮闘日記  顧問先の成長や最近聞いた面白ビジネスの話【vol1】

Biz library編集部
¥99,999 # Bizlibraryオリジナル記事 # 会員限定 # 武田のスモビジ奮闘日記 2023.12.11

水筒ビジネス検討事例から学ぶスモールビジネス:初期リサーチ

武田所長
¥100 2022.6.12

【D2C】副業で月商100万。元手ゼロのスモールスタートで利益数十万を目指した試行錯誤ストーリー

Biz library編集部
¥1,980 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2023.10.23