Biz library

年間利益数十万〜250万円を目指す、人材系マイクロビジネスの作り方

ビズライブラリーリリース以来、いくつかの記事を購入して読んでみました。
とても興味深い内容ばかりで、こんな風にビジネスを作るんだと勉強になっています。

けれど、中にはこれは到底自分にはできそうにないな・・・と思うものもありました。
私は、家族との時間を確保することが優先事項なので、1日の全ての時間を仕事に費やすことはできません。

ですからそれほど大きな収益を見込めなくても、もっと簡単にビジネスを作ることができないものかと考えていました。
そうやって作った人材系マイクロビジネスをご紹介したいと思います。

限られた時間でできて、すでにちょっとても人材系ビジネスやSNSでキャリア系の発信をされてる方にはハードルが高くないものです。


人材業界のビジネス


人材業界でのビジネスといえば、
1)コーチングやキャリアコンサルなどの相談型
2)上記、提供者とユーザーをマッチングするプラットフォーム型
3)マンツーマンキャリアトレーニングを提供するトレーニング型
4)人材紹介業を行う転職エージェント型
5)人材業界のサービスをPRするアフィリエイト型
があると思います。

武田所長の著書にも、人材系(特に転職)ビジネスは市場規模が大きくオススメとありました。
転職市場はパイが大きいので、その端っこを取りに行くだけでも十分だと思います。

だけど、転職エージェントをやるほどの気力も時間もないというのが本音。
そこで思いついたので、4)人材業界に関連するアフィリエイトに近いのですが、少し性質が異なります。

この記ビジネスで年間数百万円程の売上げが上がっています。、初期の仕組み作りに多少時間をかけたものの、その後は工数をかけることなく売上が上がっています。

この記事では、どのように人材系マイクロビジネスを作り、売上を上げていったのか、3つのステップで説明したいと思います。

このビジネスは、
・隙間時間でビジネスを作りたい
・初期段階を除き、あまり工数をかけたくない・かけられない
・年間利益~250万円くらいのマイクロビジネスにチャレンジしたい

そして特に、
・すでにキャリア系の発信をしていてキャッシュポイントを探してる
・すでにキャリア支援系ビジネスをしていて収入の柱を増やしたい

という方には、最低限の工数で立ち上げることができるビジネスだと思います。

もちろん、今後キャリア系ビジネスをやってみたいという方にも、ヒントになるかと思います。

私も最初は副業で転職相談のようなものをやっており、後にこのビジネスをアドオンした形になります。

【有料部分に含まれる内容】↓↓↓
・ビジネスモデルの解説
・このビジネスに至った経緯
・報酬体系
・ビジネスの作り方3ステップ(ビジネス構築に必要なことを解説。契約書に関することにも触れています)
・スケールアウトの可能性

ここから先は有料部分です

この続き: 約 5030 文字 記事を購入する

おすすめ記事

データ解析の会社に転職して1年で身につけたスキルで月収25万円の副業を得るまで

北爪聖也
¥500 2022.7.11

【メディア事業】複数メディア運用で月商1,500万。徹底した検証とKPI設定の重要性を知るスモビジマン

Biz library編集部
¥2,480 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2023.10.13

人材紹介事業の新規参入はハードモード

チャック@事業開発プロフェッショナル
無料 # 人材紹介 # 転職エージェント # YouTube 2023.9.13

ビジネス特化型コンテンツプラットフォームBiz Libraryを始めた理由

武田所長
無料 2022.6.11