Biz library

【スモビジお悩み相談室】セミナーや研修で年商3千万、労働集約の限界が見えてきた

※こちらは2023年8月の記事です。サブスク入会前の有料記事は別途ご購入いただく必要がありますのでご注意ください。

『スモビジお悩み相談室』とは?


Biz library編集部による連載記事『スモビジお悩み相談室』。

スモビジオーナーは孤独なもの。
組織に所属していた時代と異なり、同じ業界・同じ境遇で、同じ悩みを経験している同胞と出会えるシーンは多くありません。
自分のビジネスに行き詰まりを感じ、一人苦悩しているスモビジオーナーも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、悩めるスモビジオーナーに対して先輩スモビジオーナーがアドバイスを行い、突破口を見出します。

スモビジオーナー、みな兄弟!

悩みも解決策もシェアしながら前に進んでいきなさい!!

先人の知見と経験を有効活用しなさい!!!

-----------------------------------------------------------

今回の悩めるスモビジマン
 
【取り組んでいるスモビジの概要】

・データサイエンス/機械学習/AIについてのアドバイザリー/セミナー/研修事業
・顧客は法人/個人で、年商3,000万円ほど
・メイン商材は週1回のアドバイザリーであり、顧客単価は20~50万円/月
・組織化はしておらず、自分のみ
 
【現在の状況】
労働集約的なビジネスのため、限られた時間の中でこれ以上の拡大が難しくなってきた。
「コンテンツ販売を行う」「高額なコンサルティング商材で単価を上げる」などアイディアはあるものの、目の前のタスクに追われ具体的な戦略は描けていない。

----------------------------------------------------------- 

今回の先輩スモビジマン

AI事業、コンサルティング事業、法人研修事業の立ち上げ経験を持つ。
※毎回、お悩みのテーマや業界に知見のある先輩スモビジマンが、自らの経験からアドバイスします

----------------------------------------------------------- 
 
武田:「個人事業主としては良い感じまで持っていけるが、それ以上のフェーズに行くにはリソース的に厳しい」というのはスモビジオーナーにあるあるの課題ですよね。
機械学習系のアドバイザリーやセミナーをされているということですが、もともとバックグラウンドは研究でしょうか?
 

相談者:がっつり研究というわけではないのですが、ずっとデータサイエンスやデータ分析、AI領域が好きで関わってきました。
 
仕事自体は本当にとても楽しく、ストレスなくできています。得意な領域な分、 時間さえあればいくらでも稼働できると思っているのですが、やはり限界があり…。
 
今は超労働集約なので、それを脱したいです。
 

武田:ご状況、理解しました。ドメインは多少異なるのですが、実は私も最近類似の事業を行っており、お聞かせいただいた課題にとても共感しました。

今、売上6,000万あたりをフラフラしているところなのですが、ちょうど本腰入れてスケールさせるべく仕込んでいるところです。徐々に突破口が見え始めているので、私の経験も踏まえて、お話をさせていただければと思っています。

ここから先は有料部分です

この続き: 約 11094 文字 記事を購入する サブスク会員になる

おすすめ記事

【イベント告知】11月 会員限定オンラインイベント詳細

Biz library編集部
無料 # Bizlibraryオリジナル記事 # イベント告知 2023.11.3

【会員限定】武田のスモビジ奮闘日記  オフ会の価値、気合い営業とその結果【vol3】

Biz library編集部
¥99,999 # Bizlibraryオリジナル記事 # 会員限定 # 武田のスモビジ奮闘日記 2023.12.26

【広告運用は甘くない】元手200万円から年商10億円超!SNSマーケ・広告運用マンが語る夢と現実

Biz library編集部
¥1,980 # 突撃隣のスモビジマン # Bizlibraryオリジナル記事 2023.8.19

【お悩み相談】新しい事業に挑戦したいけど受託事業はやめられない。どうリソースを配分すべき?【前編】

Biz library編集部
¥980 # スモビジお悩み相談室 # Bizlibraryオリジナル記事 2023.11.9